コドモン Product Team Blog

株式会社コドモンの開発チームで運営しているブログです。エンジニアやPdMメンバーが、プロダクトや技術やチームについて発信します!

毎月恒例!コドモンLT大会レポ

※こちらは2021年4月に書かれたコドモン開発チームnoteの記事からの転載です

初めまして!コドモンSREチームのディーンこと田中です。

2020年の10月にコドモンのJoinし、SREとして日々システム基盤の信頼性の向上に取り組んでいます。

入社時に市川さんからディーンというニックネームを頂いたのですが、一向に社内浸透してないのが最近の悩みです。

コドモンLT大会とは?

LTとは「Lightning Talk」の略で、5分から10分程度の短いプレゼンテーションの事です。

勉強会やカンファレンスなどでも行われており、IT界隈の中では今や常識的な言葉かもしれません。

現在は以下のルールにて開催しています。

・5分枠3人、10分枠2人の計5人毎回発表 (質疑タイム含めて1時間)
・内容は技術に限らずなんでもOK
・とにかく時間厳守!!
・各発表ごとにアンケートを書いて、発表者にフィードバック

コドモンLT大会の目的

コドモンのLT大会は以下を主な目的としています。

・コドモンメンバーがLTに慣れて発表上手になってほしい!
・コドモンメンバーのチーム外の人とのコミュニケーションの場を作りたい!
・コドモンメンバーが社外のLTにも出れるようにしたい!

LTという短い時間での発表となると、自分の伝えたい事を簡潔にまとめ、伝える必要があります。

そういった能力は、普段の仕事を円滑に進める上でも重要な能力です。LTを経験して発表上手になることは、必然的に簡潔にまとめ伝える能力を高めることにつながると考えています。

また、最近はリモートワークが定常化しており、エンジニア内での他チームとのコミュニケーションが少ない状況です。新入社員などはなかなか他チームのエンジニアを知る機会がないので、LTを通してその人の考えや取り組みを知ることで、コミュニケーションのきっかけとなればと考えています。

最終的には、社内でのLTで人前で話すことの楽しさを知ってもらい、社外でのイベントにも登壇できるようになる事で、コドモンというプロダクトをもっと世の中に広めて欲しいと考えています。

発表の様子

Pseudo HID und BLE

Pseudo HID und BLE

最初はSREチームのメンバーから、Raspberry PiとPythonを使用して、カードリーダーをBluetoothキーボードとしてエミュレートしたLTです。

実装例として、カードリーダーにICカードをタッチすると、ICカードの固有番号情報をiPadに入力する仕組みが紹介されていました。なかなかマニアックなネタですが、個人的には好きなネタだったので次回のLTも楽しみですw

Bitについて

Bitについて

続いて、リプレイスチームのメンバーによる、コンポーネント共有ツールのBitの紹介LTです。コドモンでは現在、マイクロサービスに向けて少しずつモノリスなサービスを崩す取り組みを行っています。そのため、今後必要となる共通コンポーネントをどう扱おうかという課題に対して調査してもらったBitの良さについて共有してくれました。メンバーも興味津々で質問していて、導入が楽しみです!

絶品!スパイスで作るチキンバターカレーの作り方

絶品!スパイスで作るチキンバターカレーの作り方

続いては自分と同じ入社のエンジニアメンバーからオリジナルカレーの作り方かと思いきや、『エンジニアリング組織論への招待』の5minutes解説のLTですw

いろんなスパイスを掛け合わせる事で絶品カレーが生み出されるように、いろんな価値観を持つ人が集まることで形作られる組織のなかで、どのような思考をもって仕事をして行く必要があるかの紹介です。

ここ一年で社員数がほぼ2倍に増え、組織もどんどん大きく成長しているなかで、まさに一人一人が意識すべき思考が学べるLTでした!

保護者アプリのパフォーマンスをカイゼンした話

保護者アプリのパフォーマンスをカイゼンした話

続いてはエンジニアメンバーからの保護者向けアプリの改善についてのLTです。

コドモンでは保護者向けの写真販売の機能を提供しているのですが、カート内に大量の写真が存在すると、写真の読み込み時にリソースを大量に消費してしまう問題を解決した話です。

このような実際の改善内容を発表することで、他のチームへ知見を共有でき、さらなる改善の提案がメンバー内から出てくるなど、LTを通してエンジニア全体でプロダクトの改善サイクルを回すことができるのはいいですね!

よい第三の場の見つけ方

よい第三の場の見つけ方

最後は指導案チームメンバーによる第三の場の見つけ方のLTです。

現在はリモートでの業務が基本になっており、居心地がよく、集中できる環境はあるのですが、会話主体のコミュニティを形成する場が生活の中で少なくなっています。

LTでは第三の場として必要な要件を満たす場所として、オフィス内のフリースペースと、近くの居酒屋が紹介されており、オフィスへの恋しさが伝わるLTでしたw

発表後アンケート

発表後は以下のような観点でアンケートを実施しています。

・発表内容はわかりやすかったか(5段階評価)
・発表資料の情報量は適切であったか(5段階評価)
・説明のスピードは適切であったか(5段階評価)
・感想やフィードバック

発表者に対してフィードバックを行うことで、発表へのモチベーションの向上や、主催する目的でもある発表上手になり、社外のイベントなどへ自信を持って登壇できるキッカケになればと思っています。

今後の取り組み

現在はアンケートによるフィードバックのみですが、今後はアンケートの集計結果から、評価の高い発表について表彰できるような場を設けて、よりLTの場の盛り上げていきたいと考えています。